慶頼王

社会

慶頼王

よしよりおう

日本の平安時代皇族保明親王の第一王子。

皇太子だった保明親王の死後に皇太孫となったが、わずか5歳で夭折した。