スマートフォン用の表示で見る

慧能

読書

慧能

えのう

[638年(貞観12年)- 713年(先天2年)] 中国、唐代の僧。盧氏出身の禅僧で、中国禅宗(南宗)の第六祖。

漸悟を尊ぶ神秀の北宗禅に対し、頓悟を尊び、南宗禅の開祖となった。遺録「六祖壇経」。曹渓大師?。在家のまま、五祖弘忍の法をつぎ、韶州曹渓?の宝林寺を道場として、頓悟の禅をひろめる。頓悟は、戒律や禅定によらず、直ちに本来清浄な自性にめざめる、般若の知恵を指す。