スマートフォン用の表示で見る

桂九雀

アート

桂九雀

かつらくじゃく

噺家

1979年昭和54年)3月1日 桂枝雀に入門。

持ちネタを大きく二つに分けた演じ方の違いが特徴。一つは従来からの演出を踏襲したケレンみのない演じ方、もう一つは、新解釈、新演出、新しいオチでコント的な演じ方である。マイクロフォンを使う必要のない会場で、生の声、生の三味線、生の鳴物による落語会の開催に力を入れている。

また、落語と音楽の融合企画他、一風変わった落語会も数多くプロデュース。

'05年7月には落語と芝居の融合企画「噺劇(しんげき)」をスタートさせ、好評を得る。

近年は、吹奏楽団やフルートオーケストラと共演し、楽曲の語りを一人芝居形式や落語形式で演じたりと、音楽の世界とのつながりも広げている。

その他、毎年京都南座歌舞伎鑑賞教室では解説役をつとめたり、将棋雑誌にエッセイを連載したりと多方面で活躍中。

以上プロフィールは彼が主催する(有)落語工房サイト内に記述されたものを引用。