スマートフォン用の表示で見る

経営管理論

一般

経営管理論

けいえいかんりろん

経営学を構成する分野の1つ。主に企業や組織、団体などのの管理についての実践的な技法(経営管理)の確立を目指す学問である。20世紀初頭、科学的管理法を提唱し、「経営学の父」と呼ばれたアメリカフレデリック・テイラーがその始まりとされており、また「管理原則(管理過程論)の父」と呼ばれたフランスアンリ・ファヨールによる研究により、学問として成立した。