経国集

読書

経国集

けいこくしゅう

経国集。第三の勅撰漢詩集。また日本初の勅撰漢詩文集。

淳和天皇の命を受け、良岑安世が滋野貞主・菅原清公らと撰。827年(天長4年)成立。二〇巻として作られたが、現存は六巻のみ。

嵯峨天皇など当代の歌人以外に、石上宅嗣淡海三船空海らの詩文をも収める。

六朝詩・唐詩の影響を受け、平安時代詩文の隆盛を示す。凌雲集文華秀麗集と合わせて「勅撰三集」という。