スマートフォン用の表示で見る

経世済民

社会

経世済民

けいせいさいみん

世の中を治め、民の苦しみを救うこと。中国の古典に登場する言葉で最も古い例は東晋の葛洪によって記された「抱朴子」だと言われている。