経典

一般

経典

きょうてん

意味

  1. 仏典」。仏教の教えが書いてある書物。仏教経書
  2. 儒教経書。(五経六経
  3. それ以外において、聖人や賢人などが教義を記したもの。

※「経典」は多元的な扱いなので、一元的な記述(造物主)が求められる一神教においてはあまり使われない用語。