経鼻内視鏡

経鼻内視鏡

(一般)
けいびないしきょう

経鼻内視鏡

鼻から挿入する胃の内視鏡(胃カメラ)。
口から挿入する、従来型の内視鏡に比べ、チューブが細い。
咽頭反射による吐き気が起こりにくい、検査中に会話ができる、麻酔量が少なくてすむ、などのメリットがある。
富士フイルム製、オリンパス製が普及している。

新着ブログ: 経鼻内視鏡