計量士

一般

計量士

けいりょうし

計量法によって、計量事務および作業を行う資格を有すると認められている者のこと。



経済産業大臣によって登録された国家資格を持つ人たちで企業において計量器の検査、計量管理を主な職務とし、取引や証明などにおいて国民に信頼される適正な計量を確保するための重要な資格とされる。講習は独立行政法人産業技術総合研究所の計量研修センターが行う。 一般計量士 濃度、音圧レベル及び振動加速度レベル以外の物象の状態の量に係わる計量及び計量管理を職務とする。