スマートフォン用の表示で見る

頚椎症性神経根症

一般

頚椎症性神経根症

けいついしょうせいしんけいこんしょう

頚椎の外傷や変形性頚椎症などにより頚椎の神経根が引き伸ばされたり、圧迫されるなど狭い神経孔内の出血や浮腫によって障害を受けた状態。

神経根は神経の一部なので、頭部から首、腕、肩、手の指先にかけて、痛みやしびれや麻痺、握力低下、知覚過敏などが生じる。

また、セキ、くしゃみ、首を動かすだけで痛みが生じることも。