スマートフォン用の表示で見る

劇画

マンガ

劇画

げきが

 漫画の手法。筋を重視し、画風・ストーリーともに現実味を志向した比較的長編のもの。(大辞林より)

 ギャグ漫画の対極としての単語として発生。

 変化して、通常生活上の中でドラマティックな出来事に遭遇した場合などで「劇画的な」とのように用いられることもある。

手塚治虫に書けないジャンルを作ろうとして生まれたジャンルが劇画」(いしかわじゅん談)