スマートフォン用の表示で見る

撃墜王

一般

撃墜王

げきついおう

空中戦で多数の敵機を撃墜した搭乗員。エース(米英)、アス(仏)、エクスペルテ(独)。

第一次世界大戦において、10機以上撃墜した者をフランスでアス=切り札と呼んだのが起源。その後5機以上撃墜が撃墜王・エースの条件として定着する。

ほとんどは戦闘機パイロットだが、複座の戦闘機では「後席エース」という言葉もある。

大規模な空中戦が行われない今日では、なかなか撃墜王は生まれない。

撃墜王各国代表

第一次世界大戦

  • マンフレート・フォン・リヒトホーヘン(独、80機)
  • ルネ・フォク(仏、75機)
  • エドワード・マノック(英、73機)

第二次世界大戦

  • エーリッヒ・ハルトマン(独、352機)
  • 西沢広義(日、87機、120機、147機等諸説あり)
  • 岩本徹三(日、80機、150機、216機等諸説あり)
  • イワン・コジェドゥブ(ソ、61機)
  • リチャード・ボング(米、40機)
  • ピエール・H・クロステルマン(仏、33機)
  • アドルフ<セーラー>マラン(英、32機)

朝鮮戦争

  • エフゲニー・ペペリャエフ(ソ、23機)
  • ジョゼフ・マッコンネル(米、16機)
  • 王海(中共、9機)
  • カム(北朝鮮、8機)

ベトナム戦争

  • グエン・タン(北ベトナム、13機)
  • チャック・デブルーブ(米、兵器システム将校、6機)