激写

アート

激写

げきしゃ

激写(げきしゃ)は、写真家篠山紀信が女性たちをモデルに撮影したグラビア写真に冠されたタイトルである。


激写シリーズは、雑誌『GORO』(小学館)に連載された。激写と名づけられた最初のグラビアは、『GORO』の創刊1周年にあたる1975年5月22日号(通巻第24号)に掲載された山口百恵グラビアである。

素人女性モデルのヌード写真や、当時の人気歌手、山口百恵岩崎宏美南沙織(のち篠山夫人となる)や、女優水沢アキらの写真が人気を集めた。

1975年には、激写シリーズの作品を集めた写真集『激写・135人の女ともだち』(小学館)が刊行され、70万部を超えるベストセラーとなった。また、『別冊BIG GORO 激写』という篠山が全撮影を行った大判の個人誌も発行されている。さらに、1979年には、『NHK特集』で山口百恵の多数のスチール写真で構成された番組、『激写・山口百恵』が放映された。1982年からは『激写文庫』が刊行されている。

当時、流行語となり、例えば「激安」のように「激〜」という造語が多く造られた。


出典: フリー百科事典ウィキペディアWikipedia)』