スマートフォン用の表示で見る

結晶片岩

サイエンス

結晶片岩

けっしょうへんがん

(crystalline schist)

変成岩の一種。「片岩?(schist)」ともいう。広域変成作用により地下深部で剪断応力を受けて再結晶したため、雲母のような板状の鉱物や角閃石のような柱状の鉱物が方向性をもって配列し、岩石は「片理?(schistosity)」と呼ばれる、面状構造を持つ。岩石は片理?に沿って板状に割れやすい。鉱物の粒度が大きくなり縞状の構造が顕著になったものを片麻岩?という。