スマートフォン用の表示で見る

結城合戦

社会

結城合戦

ゆうきかっせん

結城合戦(ゆうきかっせん)

1440年、関東地方で起こった室町幕府と関東の結城氏朝らとの間の戦い。結城氏が鎌倉公方足利持氏の遺児である春王丸、安王丸を擁立して幕府に反乱。将軍足利義教関東管領上杉氏に討伐を命じ、結城城を落とした。氏朝は自殺し、春王丸・安王丸は殺された。戦火は鎌倉公方の支配下にあった奥州に飛び火していった。