結城秀康

社会

結城秀康

ゆうきひでやす

戦国武将。1574年〜1607年。中納言

家康の次男(実際には双子)であるが、庶子とされ、長男信康の死後は三男の秀忠が嫡子とされた。

秀吉の養子となって一字を与えられ羽柴秀康となるが、後に結城晴朝の養子となって、結城家を継ぐ。嫡男は松平忠直。

性格的には兄信康に似て武勇に優れた剛胆な気質だったとされる。関ヶ原合戦後に越前75万石を領したが、将軍職が秀忠に譲られたことに落胆して死期を早めたとも言われる。