血の中傷

社会

血の中傷

ちのちゅうしょう

主にキリスト教社会において、ユダヤ人の迫害、追放、虐殺といった差別行為の口実として用いられてきたユダヤ人に対する憎悪によって生み出された迷信のこと。