スマートフォン用の表示で見る

血の日曜日

社会

血の日曜日

ちのにちようび

血の日曜日または血の日曜日事件(ちのにちようびじけん 英語:Bloody Sunday)とは一般に、当時のロシア帝国首都サンクトペテルブルグで行われた労働者によるデモに対し政府当局が発砲、多数の死傷者を出した事件、またこの事件が起きた1905年1月22日(ロシア旧暦1月9日)のことをいう。

他にも「血の日曜日事件」と呼ばれる事件が複数存在する。以下に年代順に事件を示す。

ブラディ・サンデーは上記事件を取り上げた2002年の映画

U2ジョン・レノン・ウイングスなどは上記事件をテーマにした曲を発表

ノーム軍事政権に対して学生が早期の民主憲法制定を要求した運動に起因してバンコクで事件が起きた1973年10月14日も死傷者がでた「血の日曜日」であるが、一般的に1973年のことは学生革命や学生クーデータなどといい、「血の日曜日事件」といえば通常は1976年のことを意味する。