血の日曜日事件

社会

血の日曜日事件

ちのにちようびじけん

1905年1月22日、ロシア帝国首都サンクト・ペテルブルクで起きた事件。

日露戦争の戦況不利を背景に国民の不満が増大し、僧侶ガポンに率いられた市民が

ツァーリ(皇帝)に生活の改善と議会の開設を請願したところ、軍隊が発砲し、

多数の死傷者を出した事件。これを契機に各地でストライキが広がり、6月には

ポチョムキン号水兵の反乱がおき、10月にはゼネストが決行され、鉄道や郵便などが

一時ストップスする。

この流れで大都市ではソヴィエト(労働者と兵士の協議会)が成立し、政府もヴィッテら

自由主義者の力もあり、ツァーリ(ニコライ2世)もようやく重い腰をあげ、10月30日勅令

(10月勅令)を出し、ドゥーマ(議会)の開設を約束した。

この一連の事件が、ロシア革命の口火を切ることとなる。