スマートフォン用の表示で見る

月英

読書

月英

げつえい

黄月英諸葛亮の妻。黄承彦の娘。三国志の黄夫人。

月英」の名は史書にはなく、これは後世に創作されたもののようである。

蜀書・諸葛亮伝の註に引く「襄陽記」によると、沔南の名士・黄承彦が「君は妻を探していると聞いたが、私に醜い娘がいる。赤毛で色黒の娘だが、才知の方は君とお似合いだ」と言い、諸葛亮は承知したので、娘を車に乗せて送り届けた。当時の人々の笑いの種となり、郷里では諺を作って「孔明の嫁選びを真似るなかれ、承彦の醜い娘をもらうはめになるぞ」といった、という。

また民間伝承では「木牛・流馬」の発明は黄夫人によるものだといわれている。