スマートフォン用の表示で見る

月照寺

一般

月照寺

げっしょうじ

兵庫県明石市人丸町1-29にある曹洞宗古刹で、人麿山(ひとまるさん)との山号を称し、釈迦如来(しゃかにょらい)をその本尊に拝す。

弘法大師空海による弘仁2年(812年)の創建と伝えられ、当初は楊柳寺(ようりゅうじ)という寺号にて、現在の明石城のあるあたりに伽藍を置いていたという。月照寺と称するようになったのは仁和3年(887年)であると伝えられている。

安土桃山時代になると、それまでの宗旨であった真言宗から曹洞宗へと改宗。江戸時代には勅願寺となり、明治になると、神仏分離令を受けて、それまで一体であった柿本神社と境内を分離した。

山門は京都伏見城から明石城に移され更に本寺に移されたもので、市の重要文化財。ほかにも多くの文化財を有しつつ、天文科学館などのある人丸山公園の丘の一角に静かに佇んでいる。

 参考資料:月照寺 〔人麿山〕