スマートフォン用の表示で見る

月並み

一般

月並み

つきなみ

 明治時代和歌俳句の革新を目指した正岡子規が唱えた用語。

月を詠むなど、ありふれていると、旧態依然とした和歌俳句

腐した。