健児

社会

健児

こんでい

日本の奈良時代から平安時代中期における地方軍事力として整備された兵士のこと。軍団の兵士役が廃された代わりに設けられ、諸国の国府兵庫などを警備した。