スマートフォン用の表示で見る

兼好法師

読書

兼好法師

けんこうほうし

鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての歌人随筆家

本名:卜部兼好

通称:吉田兼好

徒然草」の作者として有名。江戸時代以降には「吉田兼好」と呼ばれるようになる。出家したことから「兼好法師」とも表記される。

太平記 巻二十一」には高師直が塩谷判官(塩冶高貞)の奥さんにおくった艶書(ラブレター)の代筆をしたエピソードが出てくる。