スマートフォン用の表示で見る

兼常清佐

読書

兼常清佐

かねつねきよすけ

1885年11月22日-1957年4月25日。山口県萩市出身。京都帝国大学卒業後、東京音楽学校ピアノ科に入学ドイツに留学、音響学を研究。またピアニスト無用論などの評論活動で知られた。音楽学者、批評家。

1935年に『中央公論』に掲載した「音楽界の迷信」の

バデレウスキー*1が叩いても、猫が上を歩いても、同じ鍵盤からは同じ音しか出ない。どの指で、どんな形で、どんな打ち方で叩こうと、そんな事は音楽の音とは別に何の関係もない。

という一節が、「ピアニスト無用論」として物議を醸した。そのため、現在でも「音楽に理解がない、エキセントリックな人物」という評価が定着している。しかし実際には作曲家よりも演奏家を持て囃し、コルトーらの恣意的な演奏を「芸」としてありがたがる当時の音楽界を批判するのが、彼の目的であった。たとえば

ベートーヴェンゾナーテは文学上の形容詞でなく、純粋にピアノの音楽の形式の上で再現されなければならぬ。

久野女史をいたむ

といった文章に、彼の音楽観は表れている。

音楽と生活―兼常清佐随筆集 (岩波文庫)

音楽と生活―兼常清佐随筆集 (岩波文庫)

著書

共編著

*1:現在ではパデレフスキーという表記が一般的