兼明親王

社会

兼明親王

かねあきらしんのう

日本の平安時代中期の公卿皇族醍醐天皇の第十六皇子。

一時期、臣籍降下して源兼明と名乗ったが晩年になって皇籍に復帰した。