スマートフォン用の表示で見る

剣客商売

読書

剣客商売

けんかくしょうばい

 池波正太郎時代小説

 老中田沼意次が権勢を誇った江戸中期を背景に、清濁併せ呑む剣豪で初老の父・秋山小兵衛と、剣一筋の実直な息子・秋山大治郎の二人の剣客商売の活躍を描く。

 この場合、「剣客」は「けんきゃく」ではなく、「けんかく」と読む。

ドラマ化