剣乃ゆきひろ

ゲーム

剣乃ゆきひろ

けんのゆきひろ

ゲームクリエイター

1994年に「DESIRE‐背徳の螺旋‐」(シーズウェア18禁)で、複数のキャラの視点から物語を構成する「マルチサイト・ストーリー」による感動的なストーリーで絶大な評価を獲得した。

1995年「EVE burst error」(シーズウェア18禁)でまたも高評価を獲得。

1996年、エルフに移籍と同時に名前を「菅野ひろゆき」と改名し、「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」を発表。その後、はアーベルソフトウェア代表となる。

2011年12月19日、脳梗塞により死去*1

菅野ひろゆき」も参照のこと。