建内記

読書

建内記

けんないき

日本の室町時代公卿だった万里小路時房の日記。室町時代中期を代表する日記の1つである。社会や経済に関する記述が多い。