建物の区分所有等に関する法律

社会

建物の区分所有等に関する法律

たてもののくぶんしょゆうとうにかんするほうりつ

日本の法律

(昭和三十七年四月四日法律第六十九号)

通称:「区分所有法

マンションの一室のように、一棟の建物の一部(区分建物)を独立した「所有権」の対象とすることができるようにし、その場合の権利関係について定めた法律

(建物の区分所有)

第一条
一棟の建物に構造上区分された数個の部分で独立して住居、店舗、事務所又は倉庫その他建物としての用途に供することができるものがあるときは、その各部分は、この法律の定めるところにより、それぞれ所有権の目的とすることができる。


以下、略