スマートフォン用の表示で見る

検非違使

一般

検非違使

けびいし

平安時代前期に嵯峨天皇によって設置された。

令制の京職・弾正台・衛府・刑部省の機能を吸収して、京都の治安維持や衛生を目的として設置されたいわゆる令外官(りょうげのかん)。

これによって前述した役職が形骸化した。