スマートフォン用の表示で見る

権藤正利

スポーツ

権藤正利

ごんどうまさとし

プロ野球選手。

右投右打、ポジションは投手背番号は18→20→15番。


1934年5月1日生まれ。福岡生まれ、佐賀県出身。

柳川商業*1から1953年大洋松竹ロビンス洋松ロビンス)に入団。

幼少の頃の怪我を克服、ドロップボールを武器に大洋ホエールズのエースとして活躍。

しかしチームの低迷もあって、勝ち星にはなかなか恵まれなかった。

1955年7月9日の広島カープ戦を皮切りに、1957年7月8日の巨人戦で勝利を収めるまで、プロ野球記録である28連敗を記録。

1964年東映フライヤーズに移籍。

1965年阪神タイガースに移籍。1967年には最優秀防御率のタイトルを獲得。


1973年シーズン終了後、ファン感謝デーの日に、金田正泰?監督を殴る。

金田が殴られるのは鈴木皖武に続き2度目。

同年、現役引退。

引退後は実家に戻り酒店を継いでいたが、1987年8月、倒産

*1:現在の柳川高校