権令

権令

(社会)
ごんれい

日本の明治時代にあった官職。県令に次ぐ県の地方長官で、1871年から1878年まであった。