犬っ走り

動植物

犬っ走り

いぬっぱしり

子犬(特にトイプードルが多いよう)が、突然、狂ったように走りまわる状態。子犬は、遊んでいたり、好奇心が高まったりすると、心のなかに、押さえきれない衝動(気持ちの高まり)が生じる。そのため、その気持ちを発散するために、全速力で走り回る。全速力で走りながらも、障害物には決してぶつからない。たくみにブレーキをかけながら、方向変換を行う。狭い空間のなかで、障害物をかわし、走り回る様は、芸術的。1日に1度程度。1、2分の出来事。飼ってみないと見られない貴重な行動形態。