スマートフォン用の表示で見る

犬印鞄製作所

一般

犬印鞄製作所

いぬじるしかばんせいさくしょ

東京浅草にある、純綿6帆布を使用した鞄を製作している鞄屋さん。

アルプスでは遭難した人の捜索に救助犬が活躍します。救助犬の首には小さな樽が付けられ、遭難した人はその中のウィスキーを飲むことによって生命の危機を乗り越えます。

戦後間もなく、物資のない時代に「救助犬の小さな樽」のような犬と鞄を組み合わせたマークを付け始め、昭和28年商標登録されました。

以来、派手さはありませんが犬印のバッグは本物の良さを知っている人達に愛され続けています。