研究授業

一般

研究授業

けんきゅうじゅぎょう

教職員の資質の向上のために、小学校・中学校・高等学校[主に小学校]で行われる、多数の人に公開する授業のこと。

多数といっても不特定多数ではなく、関係者のみの公開である。

校内の先生が参観する校内研といった規模の小さいものから、

全国の先生を呼んで参観するといった規模の大きいものがある。

授業を公開する際には、一般的には学習指導案を授業者は用意し、参観者に配布する。

また、人数に余裕がある場合は授業中に、授業記録をとる。

授業者は、研究授業をすることになると、研究発表までの期間、普段の数倍程度、

公開する科目に偏って教材研究をするのが常である。

これを積み重ねていくことで、普段の授業よりも多くのことを教員は学ぶのである。

一方、公開する科目にどうしても偏ってしまうため、他のことが出来ないという異論もある。

研究授業は通常5時間目に行われ、6時間目に討議会を行う場合がほとんどである。

名称規模
校内研学校内の先生が参観する
市教研市内で科目ごとの研究会に分かれる
地域の名称県未満、市以上の地域の呼び方。
県/府○研算数の場合県算研や府算研など
附属の研究会附属は、附属内で科目ごとに分かれている
全国発表全国から先生を招待する