見えないトイレ

アート

見えないトイレ

みえないといれ

日本ユニセフ協会昭和記念公園に設置した構造物。

「世界トイレの日」が国連で制定されてから初めて迎えた今年11月19日、日本ユニセフ協会は、3人にひとりがトイレを使えない現実や、毎日1600人が下痢性疾患で命を落としている事実など、多くの子どもの命を奪う原因となるトイレの問題を発信し、この問題への関心と行動を呼びかけました。

11月19日は「世界トイレの日」「見えないトイレ」が登場、世界の3人にひとりがトイレを使えない現実を伝える | 日本ユニセフ協会