スマートフォン用の表示で見る

元帥

一般

元帥

げんすい

「統締め」という字面からも分かるように、(通常は)軍隊の最高位の階級。元帥をおかない場合は(通常は)大将が最高位となる。

なお、日本語では海軍陸軍も「元帥」だが、(他の階級と同様に)外国語の場合は陸軍海軍では名称が違っていることが多いし、他の階級と字面が近接していることが多い。つまり、偉い陸軍大将=陸軍元帥、偉い海軍大将=海軍元帥、的な単語関係になってる*1

なお、本当は近代以前から「元帥」と訳される言葉はあるが、長くなりすぎるのでとりあえず省略する。

階級の象徴として元帥杖を与えられることがある。

ドイツの場合

古くはおそらく17世紀のブランデンブルク=プロイセン公国時代のフリードリヒ選帝侯の頃に誕生したと考えられている.少なくともフリードリヒ大王時代にはその存在が確認されている.(当時はGeneralfeldmarschallではなくFeldmarschall.WWIでもこれが用いられていた*2).

[WWI後]

1919年3月創設のヴァイマール共和国軍(ライヒスヴェーア:Reichswehr)においては、元帥の階級は存在しなかった.ただしヴァイマール共和国?大統領ヒンデンブルクが,この時代でも陸軍元帥を名乗っていたのはWWI時にプロイセンドイツ帝国から授けられたものをドイツの「元帥は終身現役」という伝統によるものと思われる.

1935年5月のヴェーアマハト(Wehrmacht)創設時にもまだ元帥の階級は制定されていなかったがヒトラー1936年4月20日これを復活された.

この時,軍務大臣(Reichskriegsminister,国軍大臣より改称)であったブロムベルク元帥に昇進して全軍中で最初の元帥となる.

(後にブロンベルク?は元売春婦との結婚によるスキャンダルで1938年1月26日に罷免.以降約2年近くは元帥不在であった).

[WWII時]

1940年フランス侵攻の功績により9名の陸軍将官元帥に昇進.

1945年5月8日の終戦までに9名が元帥に昇進して陸軍における元帥の総数は19名であった(その後,多くはヒトラーにより罷免).一方,空軍,海軍元帥の人数はそれぞれ2名、6名.当時アメリカでは全軍で5名であった.

陸軍
Generalfeldmarschallが最高位の階級であり元帥と訳されている.役職は国防軍最高司令部総監,陸軍最高司令官,方面軍最高司令官,軍集団最高司令官というのが一般的である.
空軍
陸軍と同様にGeneralfeldmarschallが最高位の階級*3
海軍
Grossadmiralが「元帥」と訳される。字義的には「大提督」「偉大なる提督」ぐらいになるか。
武装親衛隊?(Waffen-SS
Reichsfuhrer-SS「親衛隊国家長官」が、元帥相当の存在である*4

日本の場合

諸外国の場合と異なり、軍の階級としての元帥は存在しなかった。日本の場合は一種の称号として、特に勲功大な陸海軍大将に与えられた。元帥になると元帥府*5に列せられた。

したがって東郷平八郎山本五十六といった「元帥」も、階級は「海軍大将」である。


その他の場合

アメリカ陸軍
General of the Army。戦時専用に近く、大戦後は、ブラッドレー(1950年)を最後に出ていない。
アメリカ海軍
Fleet Admiral。やはり大戦後は出ていない。
アメリカ空軍
General of the Air Force
イギリス陸軍
General Field Marshall
イギリス海軍
Admiral of the Fleet

*1:例えば米軍の場合、陸軍大将がGeneralで陸軍元帥がGeneral of the Army。海軍大将はAdmiralで海軍元帥がFleet Admiralである

*2ヒンデンブルク

*3:実際にはReichsmarschall=帝国元帥もしくは国家元帥という謎階級が、ゲーリング専用に存在していたが

*4ヒムラー一人しかいなかったが

*5天皇軍事上の最高顧問機関。むりやりプロ野球に置き換えると、名球会野球殿堂を足して2で割ったようなものか