元明天皇

社会

元明天皇

げんめいてんのう

元明天皇。第43代(707〜715)天皇。日本根子天津御代豊國成姫天皇とも。

天智天皇の第四皇女で、草壁皇子(天武天皇皇太子)の妃、先帝文武天皇の母。

文武天皇早逝後、持統帝にならい、その子の首皇子聖武天皇)が幼少であったことから皇位を嫡孫に確実に継承するという理由で即位した。

皇后経験者ではない初めての女帝

藤原不比等を重用し律令官制を整備。

和同開珎の鋳造平城京遷都、『古事記』や『風土記』の編纂など。

娘の元正天皇皇女氷高内親王)に譲位太上天皇を称する。