原口智生

映画

原口智生

はらぐちともお

1960年福岡県生まれ。

大学在学中より人形師・川本喜八郎に師事。

年間100本以上の仕事を抱えるという日本屈指の特殊メイクアーティスト。


1979年造形工房モンスターズに所属、テレビシリーズ『ウルトラマン80』で怪獣造型を経験。

1984年には独立し特殊メイクアップ工房FUNHOUSEを設立1997年に名称を中洲プロに変更)。

映画のほかテレビ・CFで活躍、1988年『帝都物語』の特殊メイクで注目を集める。

1988年、ベルギーブリュッセル国際ファンタスティック映画祭スペシャル・メイクアップ・コンペティションにおいてグランプリを受賞。

2000年の『さくや妖怪伝』は妖怪マニアを自認する原口氏が、平成ガメラシリーズでタッグを組んだ樋口真嗣と作り上げた念願の作品で、米国ワーナーブラザース社も出資した日米合同出資の映画製作会社トワーニの第1回作品。