スマートフォン用の表示で見る

原子吸光光度計

サイエンス

原子吸光光度計

げんしきゅうこうこうどけい

ICP質量分析計 (ICP-MS) と共に、金属成分の定量分析には必要不可欠な分析装置。

水質分析を始め、土壌分析や材料分析、食品分析、医薬品分析などに用いられ、溶媒抽出法を併用することにより、超微量分析を行うこともできる。

化学炎で試料を原子化するフレーム原子吸光光度計のほかに、黒鉛炉を用いたフレームレス(グラファイト原子吸光光度計などがある。原子化部に磁場をかけることにより偏光とゼーマン効果にてバックグラウンド補正を行う機種もある。

写真は島津製作所製AA-6700G。