スマートフォン用の表示で見る

原子力安全・保安院

社会

原子力安全・保安院

げんしりょくあんぜんほあんいん

[英語表示] Nuclear and Industrial Safety Agency

原子力安全・保安院は、かつて経済産業省に設置されていた日本の行政機関

2001年、中央省庁再編にあわせ、通産省資源エネルギー庁科学技術庁の安全規制部門を集約して設立された。商用原発核燃料サイクル施設の安全規制を担うほか、鉱山やガスの保安も担当していた。

本来経済産業省の内局あるいは外局の庁にすべきであったが、行政改革で省庁・局の数を削減する方針であったため、やむを得ず「院」という特殊な組織形態を取ることになった。

2012年9月の原子力規制委員会発足に合わせて廃止された。

公式サイトによる説明

原子力安全・保安院は、右に掲げる各分野のエネルギー施設や産業活動の安全確保を使命とする国の機関です。たゆまず「安全」という永遠のテーマに取り組んでいきます。

no title

 

同サイトによる組織の説明

  1. 本院
    • 原子力安全・保安院は、国民生活や産業活動に欠かせないエネルギー施設や産業活動の安全確保を使命とする組織です。事故・トラブルの未然防止、万一の事故への迅速で的確な対応、事故の再発防止に徹底的に取り組みます。
  2. 原子力保安検査官事務所
  3. 産業保安監督部
    • 「産業保安監督部」は全国9か所に設置され(3支部、那覇事務所を含む)、原子力発電所を除く電力、都市ガス、火薬類、高圧ガス鉱山等に関する安全確保を目的に、各事業者による自主保安を前提に、厳正な監督・検査等を実施しています。

 

関連

経済産業省 - 採用情報 - 紹介パンフレット - 原子力安全・保安院

関連機関

 

捕捉用キーワード

目次