スマートフォン用の表示で見る

原子力安全委員会

社会

原子力安全委員会

げんしりょくあんぜんいいんかい

[英語表示] Nuclear Safety Commission (略称NSC

原子力安全委員会はかつて存在した日本の内閣府審議会の1つ。

1978年10月、原子力の安全確保の充実強化を図るため、原子力基本法の一部を改正し、原子力委員会から分離して総理府に設置された。

原子力の研究、開発および利用に関する事項のうち、安全の確保のための規制に関する事項について企画し、審議し、決定する権限を有しており、内閣総理大臣は、原子力安全委員会の決定について報告を受けたときは、これを十分に尊重しなければならなかった。また、所掌事務について必要があると認めるときは、内閣総理大臣を通じて関係行政機関の長に勧告することができること等の法的権限を有していた。

2012年9月、同委員会が有していた権限は原子力規制委員会へ移行し、廃止された。