原田正純

サイエンス

原田正純

はらだまさずみ

1934年、鹿児島県生まれ。水俣病研究者

1964年熊本大学大学院医学研究科修了、医学博士

熊本大学神経精神科講師、熊本大学体質医学研究所助教授を経て、1999年より熊本学園大学社会福祉学部教授。

胎児水俣病三池一酸化炭素中毒、土呂久砒素中毒、カネミ油症など社会医学的研究を行い、ベトナム枯葉剤の影響や中国インド・タイなどの砒素中毒、カナダブラジル中国アフリカなどの環境汚染を調査。

2005年度から水俣学研究センターを熊本学園大学内と水俣市に開設。

日本精神神経学会賞、UNEPグローバル500賞、大佛次郎賞、熊日文学賞吉川英治文化賞熊日賞、アジア太平洋環境賞、久保医療文化賞、若月賞、西日本文化賞など受賞。

2004年、第1期『水俣学講義』が熊日出版文化賞受賞。

2012年6月11日急性骨髄性白血病のため死去。享年77。