原発ジプシー

原発ジプシー

(読書)
げんぱつじぷしー

原発を渡り歩く日雇いの下請け労働者に対する呼称。労働は被曝を伴う。
記録作家の堀江邦夫氏の著書『原発ジプシー』(1979年、現代書館)によって、その実態が公にされた。
『増補改訂版 原発ジプシー』(2011年、現代書館)によると、「原発ジプシー」は堀江氏の造語ではなく、1970年代から80年代にかけて、広く使われていたという。

原発ジプシー 増補改訂版 ―被曝下請け労働者の記録

原発ジプシー 増補改訂版 ―被曝下請け労働者の記録

原発労働記 (講談社文庫)

原発労働記 (講談社文庫)

ネットの話題: 原発ジプシー

人気

新着

新着ブログ: 原発ジプシー