弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽

音楽

弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽

げんがっきだがっきとちぇれすたの

ベラ・バルトーク作曲の管弦楽曲

1936年の夏にバルトークは、スイスにあるパウル・ザッヒャー所有の山荘に滞在し、そこでこの曲の構想を得て、9月にブダペストで一気に書き上げられた。

初演は、翌年の1月、パウル・ザッヒャー指揮のバーゼル室内管弦楽団によって行われ、同月30,31日にヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮ベルリン・フィルによってドイツ初演が行われた。

西洋美学のいうところの「黄金分割比」を徹底的に屈指、調的軸システム、十二音技法、民族音楽の活用、打楽器ピアノ奏法を含む特殊奏法という当時の作曲技法のすべてを屈指して作曲されたとされる。

楽章は全部で4つ。第1楽章のフーガ主題が各楽章に循環して用いられている。

・第1楽章 アンダンテ・トランクィロ

・第2楽章 アレグロ

・第3楽章 アダージョ

・第4楽章 アレグロ・モルト