減勢工

一般

減勢工

げんせいこう

減勢工とは、ダムからの放流水を安全に不都合なく流下させるために設けられる洪水吐の構造物の一つ。

ダムから流下する水のエネルギ−は非常に大きくなり、そのまま流下させた場合、ダム下流の河道、河川管理施設、人家、道路、橋梁、発電所などに被害が出る恐れがあるため、これを防止するために、洪水吐の最下流部分に設けられる、増大した流水エネルギ−を弱める働きをする構造物。

減勢工の減勢形式は、ダムタイプ、地点の地質や地形条件、環境などに適合するよう選定され、代表的なものとして、跳水式、スキ−ジャンプ式、自由落下式などがある。