スマートフォン用の表示で見る

減損会計

社会

減損会計

げんそんかいけい

事業資産帳簿価額を収益性の低下に応じて切り下げ、損失を将来に繰り延べない会計処理

棚卸資産の場合、期末日において、売却可能価額が簿価より下回っていれば、売却可能価額まで簿価を切り下げる。

固定資産の場合、回収可能価額*1まで簿価を切り下げる。

なお、評価差額は当期の損益と処理される。

*1:使用価値と売却可能価額のいずれか高いほう