源義賢

社会

源義賢

みなもとのよしかた

日本の平安時代末期の河内源氏の武将。源為義の次男。源義朝の異母弟。木曾義仲の父。

武蔵国比企郡大蔵に館を構えていたが、所領争いで甥の源義平によって討たれた。