源義康

一般

源義康

みなもとのよしやす

源義康(みなもと の よしやす/足利義康 あしかが よしやす)は平安時代末期の河内源氏の武将。源義国の次男。源姓足利氏の祖。武家棟梁として名を馳せた八幡太郎義家の孫に当たる。

次男であるが、父義国から藤姓足利氏の割拠する下野国足利庄を相続し、足利氏を称した。異母兄の義重は父とともに上野国新田荘を開墾し新田氏の開祖になったが、これに対して父から相続した足利庄に拠った義康の子孫は後世足利氏として発展していった。

久安年間の頃上洛し、所領の寄進が機縁となって鳥羽上皇北面武士として仕え、蔵人や検非違使に任官する。さらに陸奥守にもなり「陸奥判官」とも呼ばれた。また、熱田大宮司藤原季範養女(実孫)を娶って、相聟となった源義朝と同盟関係を結んでいる。

保元元年(1156年)、死期が迫った鳥羽法皇は特に信頼できる五人の武士に後事を託するが、その中に義康の名もあった。直後に起こった保元の乱では、義朝とともに後白河天皇側として参陣、平清盛の300騎、義朝の200騎についで100騎を従え、天皇方主力として最北方の近衛方面の守備を担当する。乱の後、敵方の降将・平家弘父子を処刑。論功行賞として昇殿を許された。

これは武士としては、前例に源義家平忠盛平清盛源義朝に次ぐ(清盛・義朝とは同じ保元の乱の功によるものなので、実質は三番手)異例なもので、将来を嘱望されたが、翌年病を得て31歳の若さで没したとされる。

しかしながら、義康の勢力をそのまま受け継いだ嫡男の足利義兼・義氏親子が、治承・寿永の内乱及び、鎌倉幕府最初期内の勢力争いの中で武家源氏のナンバーツーの座を事実上確保したことにより(ナンバーワンは当然、頼朝→頼家→実朝の将軍家)、源実朝暗殺により源氏嫡流が絶えた後は、武家源氏の最有力者とみられるようになった契機・背景のきっかけを作った人物と後世からは評されることになる。

その後、義氏の5代あとの子孫の尊氏鎌倉幕府を滅ぼし、征夷大将軍となり武家の頂点に立つことになる。